前へ
次へ

個別指導の学習塾の良さ

最近の学習塾では、個別指導に力が入っています。
個別指導とは、学校のような先生が一人に対し、大勢の生徒が学ぶと言う形をとるのではなく、先生が一人に対し生徒はごく少数で行うものと言われています。
このごく少数の生徒とは、一人の場合もあれば二・三人と言う形もあり得ます。
最大でも先生一人に対し、五名までが個別指導と呼ばれていると思われます。
学習塾における個別指導の良さは、授業において生徒が理解出来るまで指導が出来るメリットがあります。
時間をかけてでも授業の内容を理解してもらえることで、学力に自信が持てるようになります。
これは大勢で学ぶ時には出来ないもので、授業の置き去りがなくなる良さが出て来ます。
他の生徒と競争するのがイヤと言う生徒には向いた授業とも言われ、大勢での授業では隠れてしまう存在の生徒にとってはベストな方法になっています。
大勢で学ぶ授業になると、一度休んでしまうとその分だけ遅れをとってしまうことになりますが、個別授業では遅れることなく学ぶことが出来るメリットも生まれます。

Page Top